埼玉で初めてログハウスを購入する為に知っておくこと

自然のぬくもりにあふれる中で、お洒落に住みこなすことができるログハウスというのは、最近ではかなりの人気となっています。これは別荘物件としても、また定住物件としても、同様に人気を誇っているものです。特に、埼玉県というエリアは、東京の都心からもそれほど遠くはなく、都会風の利便性にあふれているといえます。その反面、清流や森林といった環境にも比較的恵まれているところであり、購入をする上ではまさに適地ということができるでしょう。埼玉で初めてログハウスを購入するのであれば、地域特性という部分を含めて、いくつか知っておいたほうがよい点があります。少なくとも、他の地域とは異なるメリット、デメリットがあるということはあきらかですので、それを踏まえた上で、納得のいくような選択をしたいものといえます。

建売と新築の両方が選べるというメリット

埼玉県内の場合であれば、新規の購入とはいっても、土地付きで建売分譲をしている物件と、更地に新築をする物件の、両方のタイプのなかから選ぶことができるというメリットがあります。他の地域では、ほとんどが新築一択というかたちになってしまいますが、このエリアは秩父や飯能などを中心として、別荘地として開拓された場所も多くみられるためです。建売の場合には、土地とあわせた価格のために、別々に購入するよりも廉価ですむほか、アフターサービスなども充実しているということが挙げられます。いっぽう、新築であれば、さまざまなタイプのなかから好みの建物を選ぶことができるほか、ロケーションも同様に本人が自由に選ぶことができますので、相対的な満足度が高いということがいえます。

冬場の利用には注意する必要もある

埼玉県内の別荘が集まっている山沿いのエリアでは、夏場はログハウスで涼しく快適な生活をおくることができますが、反対に冬場の利用については注意しなければなりません。東京に近いからと安心していると、かなりの気候の違いにとまどうことがあります。まずは関東平野にある市街地とは違って、積雪があり、気温が急激に低下するため、暖炉や薪ストーブなどの装備が必要となることがあるためです。この場合、山奥の傾斜地につくられたログハウスであると、路面が凍結して市街地との交通が途絶してしまうということもめずらしくはありません。また、水道なども別荘地全体として井戸水を引いていることが多く、定住者がいないような場所であると、使われなくなっている水道管が凍結して、なかなか水が出ないということもあります。場合によっては冬期使用不可という物件もありますので、購入時にはよく確認をすることです。

温かみあるログハウスにしか無い木のぬくもりをライフスタイルに取り入れてみませんか。 展示場は各営業時間が異なりますのでHPをご覧になられるか、お電話にてお問合せ下さい。 当社は賢く建てれば補助金を受けられる「地域型住宅グリーン化事業」に採択されています。 HPでは当社で提供しているログハウスの完成した物件・施工中物件の情報と写真を掲載しております。 埼玉でログハウスに暮らしたいあなたへ速報!