埼玉でおすすめのログハウスの説明

埼玉県といえば、関東地方を統括する国の機関が集積しているさいたま新都心に象徴されるような都会的な顔とともに、豊かな水と緑に恵まれた自然豊かな土地柄という側面ももっています。そのため、丸太を加工してナチュラルな雰囲気を生かしたログハウスを建てるのであれば、まさに適当な場所であるということができます。この場合ですが、せっかく建てるのであれば、この土地で可能なライフスタイルを見据えて建物の種類や設備などにもいくつかこだわりをもって建てたほうがよいといえますし、また、純粋に法令上の建築物であるという観点からも、知識として知っておいたほうがよいこと、守るべきことなどもあります。こうした両面から考えると、埼玉でおすすめのログハウスの特徴がいくつか見えてきます。

立地特性や気候対策を考えた購入を

埼玉県内には、風光明媚なサクラやモミジの名所とされる場所がいくつも存在しています。こうしたところの近くには、昔から別荘の分譲地の開発が進んでおり、ログハウスに関しても、建売分譲、中古住宅の購入から、新たな土地を購入して新築することまで、自由に選ぶことが可能です。特に、秩父、長瀞、飯能、小鹿野、寄居などの山間部には、こうした別荘地が多いことから、価格的にも、また物件数も安定しており、水道などのインフラも用意されていることから狙い目であるといえるでしょう。ただし、冬場はかなり寒いので、できれば薪ストーブ、暖炉のようなものをあらかじめ設備として確保しておくのがおすすめといえます。そうしたことを考えると、必然的にある程度の床面積が確保できる大型のものがよいといえます。

都市部であれば防火対策のあるものが適当

最近ではログハウスも別荘としての需要ではなく、むしろその居住性能の高さに注目して、毎日の生活をおくるためのマイホームとして建てるといった需要も出てきています。実際のところ、夏は涼しく冬はあたたかいという長所や、シックハウス症候群のおそれがないこと、結露やカビの発生が少ないことなどの長所は特筆すべきものといえます。このようなケースでは、埼玉県内でも、関東平野の真ん中にあたる都心部の区画された土地に建てることになります。しかし、都市部に建てる場合には、そのほかにも、消防法、建築基準法などの関係法令による制限があることもわきまえておくべきです。準防火地域レベル以下であれば建築は可能ですが、その場合、あらかじめ防火認定のされているキットを用いて建築することが求められます。